スポーツ

剣道における防具や竹刀は自身の身を守る為に大事と言える

安全安心な剣道

運動

日本の武道で剣道があります。竹で作られた剣、竹刀によって、相手と戦うスポーツです。日本ではサムライという剣士が昔からいて、当時は真剣で斬り合っていました。本気で挑む戦いや勝負などを真剣勝負と言うのはその為です。真剣で切られるとその切られた当人は絶命してしまいます。もしくは、大怪我をおってしまうでしょう。その為、切れない刀、竹刀や木刀を使っての剣術の鍛錬は古くから行われていました。剣術を極めて、対人対戦感覚をつかんでいく、動きのキレを付ける、身のこなしやかわし方を覚える、これらのことは、当時の人たちにとって、命を守るため、身につけておかなければいけないものだったのです。その剣術の流れが、現在の剣道につながっていきます。昔とは違って、今は、竹刀の質や防具もしっかりしていて、その値段もピンからキリまであります。竹刀で生身の身体に打ち込まれるとかなりの痛みと衝撃が走ります。打ち込まれた箇所は、赤くミミズ腫れを起こすでしょう。そういった怪我を防ぐために剣道の防具が存在しています。剣道の防具を良く見てみると、顔には面と言われている、鉄製のガードがあります。このガードは非常に大事になってきて、剣道にはツキという竹刀の先端を相手に突き刺す技がありますが、そのツキから顔や目を守る事ができるのです。剣道における、防具は自分の身を守る為に必要不可欠なアイテムの一つとも言えます。剣道の防具を揃えてみることが、剣道を始める前に、大事になってくると言えるでしょう。